1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)19:21:05 ID:rg7

part4↓
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524049277/

part3↓
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522984675/

part2↓
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520696302/

part1↓
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520608063/

相談や悩み、感想ほしいでもオッケー
春やし趣味を語ろう
レスが連続するような場合は荒らし対策のためsageでお願いします
>>900踏んだ奴が次スレ、ダメなら>>950踏んだ奴、それでもダメなら有志立候補で頼みます

引用元: 春やし趣味で小説書いてるやつらで駄弁ろうpart5

2: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)23:52:00 ID:Gfj
2げt

 

3: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)23:55:12 ID:qwc

がしゃーん
がしゃーん

△ ¥ ▲
( ㊤ 皿 ㊤ )
(     )
/│  肉  │\
<  \___/  >
┃  ┃
=  =
3ゲットロボだよ
自動で3ゲットしてくれる
すごいやつだよ

 

4: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)23:55:54 ID:wA1
立て乙

 

5: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)23:56:18 ID:qwc
あ、遅れたけど31

 

6: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:05:47 ID:9PP
31

 

7: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:07:53 ID:q2C
さ新たな物語が始まる
んこの物語の行く末は果たして希望か絶望か……
いそれを知るのは神のみであるとしても
ちそれを選び取ることができるのは君たちの覚悟のみだよ

 

8: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:08:23 ID:9PP
>>7
適当で草ァ!

 

9: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:09:34 ID:Iaf
31
書いてるときストーリー物やと同じ様な言い回しが多くなる事あるんやけどやっぱ直した方がええよな…

 

10: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:11:47 ID:q2C
高校の時文芸部の部室に忍び込んで読んだ本に
「同じ事柄でも同じ言葉を使って表現するのではなくいろんな言葉に言い換えられるのが文章力」って書いてた

 

11: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:13:26 ID:E6A
>>10
今の日本文学の土壌って海外作品の表し方から養われてるしね
同じ言葉繰り返すとやっぱり稚拙に見える

 

13: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:30:38 ID:NUI
>>10
科学的論文ですら同じ言い回しは忌避されるんだよなあ
いわんや小説をや

 

12: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:23:07 ID:WFe
トートロジーは非難される要因になりやすいよな

 

14: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:32:29 ID:9PP
『史記』でさえ重複表現を批判されてるのを知って戦慄

 

24: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:10:26 ID:gtI
>>14
史記は私家本歴史書でフォーマット定まってなかった時代だし
中国語で読むと音とリズム重視ってわかるからしゃーない部分もある

 

15: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:33:47 ID:78R
循環論法は違うやつだぞ

 

16: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:41:10 ID:E6A
トートロジーってこんな感じちゃうかったっけ?
僕を愛するために愛した僕の歪んだ愛はこれっきりではあったが、
愛されることに対して愛を返す彼女の愛は奪われることなどなく、
かといって失われることなんてあるはずもなくて、
しばらく浮遊を繰り返した彼女の愛はそのうち霧のように細かい熱運動の激しい分子群となって僕の体にまとわりついた

 

20: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:51:31 ID:78R

>>16
同義反復だから
例えば「自衛隊はテロ組織のいないところに出兵する」
「テロ組織のいないところとは自得体の出兵するところだ」

みたいなの

 

17: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:42:10 ID:WFe
ある事柄を述べるのに、同義語または類語または同語を反復させる修辞技法のことや

 

18: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:46:33 ID:NUI
白い白馬、頭痛が痛い、馬から落馬
強いやつは強い、ずるいやつはずるい

 

19: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)00:48:24 ID:KVH
次スレ探してもた……
次スレどこ……ここ……?

 

21: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:02:10 ID:6cg
ワイの作品はいつか必ず書籍化すると信じてる

 

22: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:08:03 ID:U1l
お題なんだっけ?

 

23: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:09:10 ID:q2C
ロリババアだよ(再来)

 

25: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:10:56 ID:z2K
でたな妖怪ロリババア好きー

 

26: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:12:49 ID:U1l
ロリなババアよりババアなロリを

 

27: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:13:41 ID:78R
合法ロリ巨乳経産婦

 

28: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:20:41 ID:KVH
みんなが何書いてるかID変わるとわかんなくなっちゃう……
コテ付けたら?(提案)

 

29: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:28:27 ID:z2K
コテはアク禁されるから……ってのは冗談で何も書いてないや
お題くれてもいいのよ
書けなかったらごめんなさい

 

30: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:29:35 ID:KVH
今日はすげー月綺麗だから、お題は「三日月」と「山吹」で

 

31: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)01:34:15 ID:KVH
書こうと思ってパソコン開いたのに淫夢観てたゾ……

 

32: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)02:07:52 ID:WFe
身体が付かれてるときって全く言葉が思い浮かんでこなくない?

 

33: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)02:15:12 ID:NUI
幽霊につかれたときは確かにいい言葉が浮かんでこなかったな

 

34: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)02:28:40 ID:c3n
最近はボキャブラリーが減って、無駄な小難しい用語ばかり使うようになってしまって馬鹿が変に勉強するのも大概だなと思った次第

 

35: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)02:35:12 ID:U1l

 山は、春の景色を纏っていた。
木々の緑々とした葉が辺りを包み、林道に咲き乱れる山吹は、鮮やかな橙色を添える。
だが、そんな景色を楽しむ余裕など僕にはない。
背が低いとはいえ、そこは山道。息はあがり、必死に酸素をかき集めていた。
そもそも、文芸部にしてハイキングというイベントをねじ込まれるとは夢にも思わなかった。なんでも、気分をリフレッシュさせて部活への意欲を高めるのが目的だとか。はた迷惑も甚だしい。

「ほら後輩くん。しっかり歩いて」

気落ちしながら歩いていると、先輩の女子部員から声をかけられた。よほど疲れているように見えてのだろうか。

「すみません……遅れてしまって……」

「気にすることないよ。私もなんだかんだで疲れているし。気合いよ気合い」

そう話す先輩だったが、とても疲れているようには見えない。

 

40: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)07:50:54 ID:yPK
>>35
最初緑なのか山吹なのか分かんなかったが
スコスコ

 

41: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)08:22:53 ID:U1l
>>40
山吹って花じゃなかったっけ?

 

42: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)08:25:00 ID:yPK
>>41
花のことかすまんかった
山吹色のことかと思って
紅葉か緑の葉かわからんかったのよ
すまんな

 

43: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)08:31:45 ID:U1l
>>42
ああ、色か……
そっちの方が色々場面書きやすかったなぁ

 

44: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)08:42:10 ID:yPK
>>43
春ってちゃんと明記してたのに見逃してたわすまんな

 

45: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)08:57:20 ID:U1l
>>44
いやいや、俺の力不足だわ
こっちこそすまんかったわ

 

48: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)14:42:23 ID:lUA
>>35
感想書いていいのかな?
気になったところから
まず、ヤマブキを出そうとして山を舞台にしたんだろうけど、文芸部で山に行く説得性が弱い気がする
それに主人公も文芸部なのに、有名とも言える「月が綺麗ですね」を知らないのも違和感を感じる
伏線から落ちまで、このSSで最大の魅力とも言える
文芸部の先輩後輩

月が綺麗ですね

死んでもいい
この流れがとても分かりにくいと思う
知ってる人からすれば盛り上がるけど、普通はそこまで知られてない
ただ、全体的に話と文章の雰囲気は凄くマッチしていたし、甘酸っぱい青春物語でとても楽しめた

 

49: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)15:18:59 ID:U1l
>>48
確かに色々設定が甘かったわ
ありがと

 

36: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)02:35:46 ID:U1l

 先輩は一年学年が上で、いつも明るく、僕ら後輩を常に気にかけてくれるとても優しい人だ。実のところ、密かに憧れを抱いている。
もっとも、先輩に想いを寄せているのは僕だけじゃないようだ。彼女とお近づきになりたいがために文芸部に入部する輩もいるくらいだし。
それほどライバルがいる中で、地味な僕に勝ち目なんてあるはずもなく、こうして健全な先輩と後輩という立場に甘んじている。

「ほらほら、下ばっかり向いていないで景色を楽しみなよ」

先輩は天真爛漫に声をかけてくる。

「は、はい……」

言われるがまま顔を上げる。
その時、ふと目についたのは青空に浮かぶ昼月だった。
その三日月はくすみ朧気で儚い。それでも確かな曲線を描くその姿は、どこか胸に響くものがあった。

「……先輩、あれ……」

思わず先輩に声をかけ、月を指さす。

「うん? あの月?」

「はい。月が、とても綺麗ですね」

「え……?」

 

37: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)02:36:04 ID:U1l

 少し驚いた表情を浮かべる先輩は、目を丸くして僕を見ていた。何かまずいことを言ったのだろうか。

「ええと……先輩?」

「……あ、うん……。そう、だね……。あのさ、意味、分かってる……?」

「意味ですか? ええと……」

「あ、わからないならいいの。ほんとに……」

先輩はどこか反応が鈍い。そしてそのまま、俯いてしまった。

「……先輩?」

心配になり顔を覗き込む。すると先輩は、優しく微笑みながら顔を上げた。

「……もし夜だったら、あの月も、もっと綺麗かもしれないね」

「あ、はい。そうですね」

「……それを見れたら、死んでもいい、かな……」

「え゛っ?」

突然の言葉に動揺してしまった。

「……なんてね。冗談冗談。ほら、さっさと行くよ後輩くん」

先輩はさっさと先に進み始めた。

「え? ちょっと! 待ってくださいよ!」

慌てて先輩の背中を追う。
ハイキングは、まだまだ終わりそうにない。

 

46: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)09:15:14 ID:5Hk
>>37
ワイはやたらと夏目漱石使ってしまう病やからこう言うのみると親近感を覚える

 

38: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)04:57:44 ID:WFe
主人公を上手にとる系ヒロインが好きなんだけど
最近の若い人ってそういうの好きじゃ無いの?
いや、俺も若いんだけどさ

 

47: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)09:16:03 ID:5Hk
>>38
わかる、今書いてるのが若干その節が強い

 

39: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)06:11:48 ID:5Hk
おはよう
前スレイッチのお題の奴面白かったよ
指摘されたのはその通りやと思うけど、書けるだけワイよりすごい

 

50: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)15:39:36 ID:4zb

ガチホモ小説書いたので抜粋

ボクは皆が見つめる中でレザーアーマーを脱いでいく。
無骨な皮鎧の下から女物にしか見えない下着が現れると騎士の皆さんは大興奮状態。
ズボンも脱いで下着姿になったボクはエプロンを装着。すると勇気ある青年が一言。
「し、下着は着けたままなのか?」
「だって、下着まで脱いだらボクが嫌らしい子だってバレちゃう」
もうバレバレです。良い子はこんな事しません。普段は清廉な騎士の皆さんも調子に乗って
「脱ーげ! 脱ーげ!」コールを始めてしまいます。
「じゃあ、くじ引きで勝った人に脱がせて貰おうかなあ」
そしてガチのくじ引きが始まる。まずは上を脱がす権を手にした騎士さんがボクの背後に
回って苦戦しながらホックを外し、するりとブラジャーを抜き取った。
「じゃあそれはあなたに差し上げますね。大事に使ってね」
「うおおおおお!」
騎士団一同から歓声が上がる。
「早くもう一枚も脱がせて欲しいな」
今度はボクが立ったまま正面から手を回してパンティを脱がせてもらう。
パンティという抑えがなくなって起立したボクの勃起おちんちんがエプロンを下から盛り上げる。
もう誰にも言い訳は出来ません。痴女です。脱がされたパンティーにおちんちんの先から溢れた
透明な液が染みを作っているのを見て、さすがにボクも恥ずかしくて俯いてしまう。
「こ、これも貰っていいのか?」
「恥ずかしいけど、さっきの人にもあげましたから。あっ、やだ。臭いを嗅がないで!」
「ああ、なんて、なんていい香りだ」
これで裸エプロンの完成。後ろから見たらボクのお尻は丸見え。
この格好のままで全員にお酒を注いで回ります。しゃがむと乳首やおちんちんがちらりと見えて、
そのたびに騎士さんが息を呑みます。誰かがわざとらしくコップを落としてボクに拾わせるの。
駄目。屈むとお尻の穴に何か入ってるのが見えちゃう。
みんなが凝視しているのを感じてボクのお尻もヒクヒク動いちゃうよ。
「なあ、いいんだろう。ここまでしてくれるってことは、いいんだよな?」
「ボク男の子だけど、それでもいいの?」
「そんな男だとか女だとか些細なことはどうでもいい! おまえを抱きたい俺達が居て、
俺達に抱かれたがっているおまえが居る。大事なことはそれだけだ!」

 

51: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)15:40:54 ID:5Hk
>>50
おおう……
ノリは好き

 

52: 名無しさん@おーぷん 2018/04/22(日)15:44:30 ID:yPK
>>50
えぇ……